OHANA百舌鳥梅町

空室2部屋

職員インタビュー

職員インタビュー

OHANA百舌鳥梅町で働く職員に日ごろ気を付けていることを聞いてみました!

施設長 佐藤 ともこさん 介護のお仕事を始めて13年ほどが経ち、現在は施設長をさせていただいております。以前から介護のお仕事に興味がありまして、まずは資格を取らないまま介護に関わるお仕事をし始めたのですが、ヘルパーの資格と取るという話になった際に、自分はこの仕事が好きだけれど、向いているかどうかは自分ではわからない、そう思ったんですね。ですので、一緒に働いているスタッフさんに聞いてみた所、あなたはこの仕事に向いていると言ってくださったので、そのまま長く、現在まで勤めています。 施設長をさせていただいているということもあり、利用者の方々の体調を管理させていただく立場ですので、どの段階で利用者様を病院へお連れするかという判断はいつも悩みます。早くお連れして何も無いのが一番良いのですが、やはり少しでも遅れるとその方の容態が変わるということもありますので、いつ・どの段階で判断して病院へお連れするかという点は難しい部分です。利用者様が病院でお亡くなりになられた時、もう少し早い段階で病院へお連れできていれば、もう少し長く生きていただけたのではないかなと思います。ご家族様には「早い判断でありがとうございました」と言っていただけるのですが、やはり自らの判断については自問自答することも多いです。

利用者さんとは出来る限りふれあい、コミュニケーションを取りたいですね。どの利用者様とも一日に一回はコミュニケーションをとりたいなあと思っていまして、その方の食事を見れば体調等もわかりますので、お食事の時には必ず食堂へ入らせていただいています。 利用者様には利用者様のしたいことを、出来る範囲でさせてあげたいと思います。外出したいという方ならば、お一人で出来る方でしたら自由に外出していただきたい。やはり、施設に入っていらっしゃると自由に行動しづらい部分もありますので、お家にいらっしゃるようにご自由にお外に出られるのであれば出してあげたいですし、どこかへ出かけたいということであれば時間の許す限り対応してさしあげたいです。当社はトラベル事業もありますので、旅行に行きたいということであれば、旅行時の介助についても、うちの方のスタッフで対応して差し上げたい。こちらの施設の中でも、自分らしい生活をしていただけるような環境づくりをしていきたいですね。

スタッフ 原 まさひろさん 介護の仕事を始めてから5年ほどが経ちます。自分の母親が介護に携わる仕事をしていたのと、私の妹が障がいを持っていて家にヘルパーさんが来ていたのもあって、介護のお仕事を身近に感じていたこともあり、この仕事を始めました。 利用者の方ひとりひとり、その方に合った対応というものは違ってくるので、固定のやり方やきまりといったものがないところが、介護のお仕事の難しいところです。ですが、利用者さんや家族さんの方からお礼を言っていただけたときは、一番やりがいを感じますね。 介護のお仕事は、利用者さんひとりひとりの話を聞くというのも大事なことですが、あくまで大切な距離感みたいなものを利用者さんとの間に置いて、深く関わりすぎないということも時には大事なのかなと思います。 前に努めていた訪問介護の施設を利用されていた方が亡くなり、家族さんから「ありがとうございました」と挨拶していただいたことは、強く記憶に残っています。訪問介護だったこともあって、2年位の間マンツーマンで介護させていただいていたので、特に印象が強いですね。