OHANA浜寺

空室2部屋

職員インタビュー

職員インタビュー

OHANA中百舌鳥で働く職員に日ごろ気を付けていることを聞いてみました!

施設長 古川さん 浜寺の施設長をしております、ふるかわと申します。介護の仕事を始めて15年になります。今までに様々な現場を経て、現在はこちらの施設で働いております。介護の仕事を始めたきっかけは、元々は高齢者の方ではなく障がい者の方のとの関わりがきっかけだったんですね。障がい者の方と、我々健常者との生活の違いと言うのかな、そのあたりの接点、融合というところに興味がありまして、この仕事に携わるようになりました。

この仕事のやり甲斐はやはり、利用者様の日常生活の満足を追求することですね。どの職種でもそうですが、一つの結果が出たらまた次の結果、次の形が出てきますので、その度に新しいことに取り組んだり、問題が出てきたり。それらはやり甲斐であるとともに難しさでもあるのですが、自身の中で目標を設定し、目標を達成するため行動する、そのような流れを明確に持つことが重要なのだと思います。 体の不自由な方であったり、何らかの理由で生活がうまく行かなくなり当施設へ入居された方が、こちらでの生活の中で元気になり、再び自宅へ戻られたという出来事がありました。このようなことはやっぱり、一番のせいかといいますか、心の中での満足感がすごく得られますね。このような満足の積み重ねが、この仕事のやり甲斐を形成しているのだと思います。

スタッフ 山田さん 入浴介助や買い物同行、生活援助などの介護のお仕事をしていまして、こちらのお仕事を始めたのは1年半ほど前です。私は祖母や祖父が大好きで、祖父はもういないんですけれど、祖母がこちらの施設に入所していまして、今もよく遊びに行っているのですが、それがこちらのお仕事を始めるきっかけでした。

私はすごく人見知りをしてしまうので、新しい入居者様と接する時は、コミュニケーションをすごく難しく感じてしまいます。ですが、入居者様はお一人お一人、長い人生を歩んでこられて、色々な考えをお持ちの方々ですので、お話をゆっくり傾聴して、安心して過ごせるように信頼関係を築いて行けたらと思っています。 最近のお話なんですけれど、入居者様に「あなたと話をしていて、体がちょっと楽になったわ」と言っていただいた時は、本当にこのお仕事をしていてよかったなと思いました。「ありがとう」と言っていただけること、これはこのお仕事の一番のやり甲斐ですね。こちらの施設は皆さん、毎日、スタッフの方も入居者様も仲が良くて、笑い声とかが絶えなくて、私は毎日ここに居て楽しいと思っています。

副施設長 武田さん 副施設長をしています。介護のお仕事を始めてから17年になりますが、始めたきっかけは新聞広告を読んで興味を持ったからでした。当時はまだ、介護という言葉があまり広がっていない頃でしたが、面白いなあというのがきっかけで募集に応募し、こういう仕事もあるんだと感じでそこからずっとのめり込んでいます。 私は以前はずっと病院勤めで介護助手をしていまして、施設での介護に携わるようになったのは2~3年前でした。病院ですとまずは医療から入って介護へ繋げることになるのですが、こういう施設では訪問診療という形で医療を受けていただくことになる点が異なりますね。そのような違いも踏まえて、このような施設では一人ひとりに耳を傾け、安心で安全な介護をご提供できたらと思っております。私が病院での介護の経験があるからこそ、それらの経験を活かせていきたいですね。

こちらの施設に来て、入居者さんとスタッフの仲が良すぎるくらいに良くて、そこは驚きでした。病院での介護ではコミュニケーションをあまり取れなかったので、そちらに比べると相当にしっかりとコミュニケーションが取れるのはとても良いですね。入居者様から「ありがとう」などの感謝の言葉をいただけることが大きなやりがいですので、入居者様一人ひとりの性格やニーズに合わせたご対応が出来るこちらの施設の環境はとても充実していると感じております。